名古屋の不動産の業者が解説!売却と相続ってどっちがいいの?

NO IMAGE

「近隣の人とトラブルになったし、違うところに引っ越したいな。」
「今の不動産を処理したいけど、売却と相続のどっちがいいの?」
不動産を処理する際には、売却と相続という方法があります。
どちらの方法がいいのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産の処理で悩んでいる方必見の、売却と相続のメリットとデメリットを紹介します。

□売却のメリットとデメリット
まず、売却した際のメリットとデメリットをご紹介します。

*現金で返ってくる
売却する一番のメリットは現金で返ってくることです。
相続とは違い、かなり大きい額の現金を手に入れることができます。
そのため、新しい生活の準備や、自分の趣味などにお金を回せます。

*維持費がなくなる
不動産を持ち続けていると維持費がかかります。
具体的には、内装や外装の老朽化を防いだり、庭やエントランスの整備をしたりしなければなりません。
また、マンションの場合、管理費や修繕積立金が発生します。
さらに、毎年固定資産税を支払わなければいけません。

しかし、不動産を売却するとその必要はありません。
自分の金銭面での負担が少なくなるので、生活にゆとりが生まれるでしょう。

*同じ物件は手に入らない
デメリットとしては、同じ物件が手に入らないことです。
売却してからやっぱり前の物件が良かったということもあります。
本当に売却しても良いのかよく検討しておきましょう。

*時間がかかる
不動産の売却には購入よりも時間がかかることがあります。
これには、仲介の不動産業者の協力が重要です。
しっかりと売買活動をしてくれる業者を選びましょう。

□相続のメリットとデメリット
次に、相続のメリットとデメリットを紹介します。

*大切な思い出ある不動産を手放さなくて良い
相続する不動産は両親と長年住み続けてきた場所です。
そのため、とても大切で、たくさんの思い出が残っているでしょう。
相続すれば、この大事な不動産を手放さなくて良いのです。

*税金が安い
不動産相続すると税金面でお得です。
同じ相続でも、現金と不動産を相続するのでは税金の額が違います。

*維持費がかかる
相続をした場合、物件自体は残っているので維持費がかかります。
定期的に内装や外装に不備がないかの点検や、メンテナンスを行う必要があるのです。

□まとめ
以上が、売却と相続のメリットとデメリットです。
こうしてみると、両方とも違ったメリットとデメリットがあります。
物件をそのまま現金にできる売却の方が、生活の幅が広がって良いのかもしれません。
この記事を参考に、不動産の売却や相続を検討してみてください。