不動産で空き家は売却した方がいい?名古屋の業者が説明します!

NO IMAGE

「空き家を持ってるんだけど、そろそろ売却したいな。」
「空き家って放置しておくとどうなるの?」
持っていた不動産が空き家になっていたということはよくあることです。
使用していない家があれば、売却をしてみてはいかがでしょうか。
そこで今回は、空き家を持っている方必見の、空き家を売却するメリットを紹介します。

□空き家を放置するデメリット
まず、余った空き家を放置するとどうなるのかを紹介します。

*周囲の治安が悪くなる
空き家をそのまま放置すると、いつの間にかゴミや廃棄物が捨てられるようになります。
ゴミだけでなく、異臭や害虫が出てくるかもしれません。
ほかには、壁への落書きなどの被害が考えられます。
このような状態を放置すると、周囲の人はとても住みにくくなります。
その結果、人気が次第になくなって治安が悪くなってしまうのです。

*資産価値が下がる
空き家を放置すると、その建物と土地の資産価値が下がります。
その原因としては、建物や土地の老朽化があげられます。
建物や周辺の土地には、定期的なメンテナンスが必要です。
しかし、人が誰も住んでいないのでそのメンテナンスが疎かになってしまいます。

□空き家を売却するメリット
次に、空き家を売却するメリットを紹介します。

*現金化できる
売却を行う最大のメリットは空き家を現金に変えられることです。
物件や土地・建物を売却するわけですから、とても大きな金額が手に入ります。
自分の趣味に使ってもいいですし、新しい生活のために使ってみてもいいでしょう。
売却で現金化すれば、生活の質を上げるができるでしょう。

*諸費用がかからない
空き家を維持するためにはたくさんの費用がかかります。
例えば、土地・建物のメンテナンス費や固定資産税があります。
自分で使っていなくても、これらの費用は掛かってしまいます。
ひとつひとつは小さな金額ですが、合わせるととても大きな金額になります。
売却を行ってこれらの費用がかからなくなると、金銭的な面でも生活にゆとりが生まれるでしょう。

□まとめ
以上が、空き家を売却するメリットです。
空き家は自分で住んでいなくても、維持するためにさまざま費用がかかります。
しかし、空き家を売却することで、そのような費用を減らすことができます。
この記事を参考にして、空き家の売却を検討してみてはいかがでしょうか。
また、当社には空き家を売却した経験もたくさんあります。
何か疑問に思うことや相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。