名古屋で不動産を買い替える方必見!実際の流れを解説します!

NO IMAGE

「住宅を買い替えたいけど、売却の仕方が分からない。」
「不動産を買い替える流れを教えて欲しい。」
不動産を買い替える際には、いつ住宅を売却するかがポイントです。
どのような流れになるのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、住宅を買い替える際の流れを解説します。

□住宅を買い替える流れ
早速、どのような流れになるのかを紹介します。

*資金計画を立てる
まずは、資金計画を立てましょう。
今の住宅がどのくらいの金額で売れて、新しい住宅にいくらかかるのかを見積もるのです。
今の住宅の売価が分からないときは、複数の業者に依頼して査定をしてもらいましょう。
また、資金が足りないと思ったら、住宅ローンの計画も立てる必要があります。

*売却のタイミングを決める
住宅の買い替えでポイントとなるのが、住宅を売却するタイミングです。
結論から言うと、新しい住宅の購入前と後のどちらでも売却ができます。
どちらを選ぶかでその後の対応が変わってくるのです。
新しい住宅の購入前に売却した場合、売却のお金が入ってくるので、資金計画を正確に立てることができます。
しかし、新しい住宅が見つかるまで、別の住むところ探す必要があります。
新しい住宅の購入後に売却する場合、新しい住宅を時間をかけて探すことができます。
しかし、今の住宅と新しい住宅でローンを二重に支払う必要があったり、相場が変わって住宅の売価が下がったりします。
どちらの選択も、お互いに違うメリットやデメリットがあるということです。
また、買い替えを行う中で、売却するタイミングを変更することもあります。
そのため、信頼できる営業マンと相談しながら、住宅をいつ売却するのかという計画をいくつか立てておくと良いでしょう。

*引き渡しと入居
どちらのタイミングを選んでも、次は新しい住宅の引き渡しになります。
自分の選んだ住宅が自分のものになるので、内装や外装を確認しましょう。
また、契約内容や生活をする際の注意点もあるので、よく聞いておいてください。

□まとめ
以上、住宅を買い替える際の流れをご紹介しました。
先程も少し紹ご介しましたが、住宅の買い替えでは売却のタイミングがポイントです。
資金計画に加えて、売却するタイミングについても計画を立てておいてください。
この記事を参考に、住宅の買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。
また、当社では住宅の買い替えを担当した経験もあります。
この記事を読んで何か疑問に思ったことや、さらに詳しく知りたいことがあれば、ぜひお問い合わせください。