海部郡の方へ|不動産売却時にかかる税金について解説

NO IMAGE

「海部郡に住んでいるのだが、不動産を売却する際にはどのような税金がかかるのかについて教えて欲しい」
「税金について知った上で不動産を売却するかどうかを決めたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
不動産を売却する際にはいくつかの税金がかかってくるので、売値がそのまま手元に入ってくるわけではありません。
そこで今回は、不動産の売却をする際にどのような税金がかかるのかについてご紹介していきます。

□不動産を売却する理由

不動産を売却する理由には離婚や借金の返済など様々なものがあります。
売却する理由がネガティブなものであっても売値に変化はありませんので、できるだけ高く売りましょう。

□税金について

不動産を売却する際にはいくつかの種類の税金がかかってきます。
以下で紹介するので、売値から引くことになる税金額の概算を出す際に利用してください。

*譲渡所得

これは通常の所得とは違うもので、当然別のものとして扱われます。
譲渡所得がかかることを頭に入れていないと、収益を見積もる際にも誤差が大きくなってしまうので注意する必要があります。

*所得税

所得税は所得に対して課税されることになっています。
所得税という言葉を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。
会社員として給料をもらっている人でも、商店を経営している人でも同じように所得税は支払わなければなりません。

不動産売却の際にはこれらの税金がかかってきます。
他にも印紙税などもかかってきます。
気になられましたら調べてみてください。
売値を全て手元に持っておくことはできないのです。
税金について理解すると、不動産を売却するべきかどうかを判断する際にも非常に役に立ちます。
ぜひ概算額を出してみましょう。
上記の内容に関して不明点や相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。
税金の額の査定についても一緒に考えていきましょう。

□まとめ

不動産の売却をする際にどのような税金がかかるのかについてご紹介してきました。
不動産を売却するときにかかる税金についてしっかりと理解し、どれくらいの金額を手元に残すことができるのかを考えていきましょう。
当社はお問い合わせを受け付けております。
ご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。
当社のスタッフが親身になって対応しますのでご安心ください。
一緒に問題を解決していきましょう。
みなさまの当社のご利用を心よりお待ちしております。