津島市在住の方へ|ローンの残った不動産は売却できる?

NO IMAGE

「津島市に住んでいるのだが、不動産を売却することを考えている」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
住宅ローンが残っていると不動産を売却することはできないのではないかと思う方も多いかもしれません。
しかし、ローンの残った不動産を売却する方法はあります。
そこで今回は、住宅ローンが残っていても不動産を売却することができるのかを解説していきます。

□ローンが残っていても売却できる

ローンが残っている時に不動産を売却したい場合には、やっていかなければならないことがあります。
以下で住宅ローンが残っている場合に、不動産を売却する方法をご紹介していきます。
分からないことや不明点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

□抵当権を消す

ローンが残っている不動産を売却する際、その不動産を担保にしている場合にはその担保としての機能を止める必要があります。
その不動産が担保とされていると、次に不動産を手に入れた人に不都合なことが起こってしまいます。
ですので、他の不動産を担保にするようにしましょう。
抵当権については聞いたことがない方も多いのではないかと思います。
分からないことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

□売却する際に注意すること

不動産を売却する際にはいくつか注意するべきことがあります。
以下で紹介するので、リストアップするなどして確認していきましょう。
やることをメモしておくことによって事を順調に進めることができるでしょう。

*複数の査定を行う

不動産を売却する際には、査定を行い不動産の価値を把握する必要があります。
その時、複数の不動産会社から査定を取るようにしましょう。
不当に低い金額で買い取ろうとする会社もあるので注意するようにしましょう。

*売値を決める

査定を行った後は売値を決める必要があります。
認められた価値の範囲でより高く売り出すようにしましょう。
当社もご相談に乗りますのでご安心ください。

□まとめ

住宅ローンが残っていても不動産を売却することができるのかについてご紹介しました。
住宅ローンが残っているからといって不動産を売却することを諦めないようにしてください。
不動産を売却する際の注意点も頭に入れておきましょう。
当社はお問い合わせを受け付けております。
不明点やご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。
当社のスタッフが親身になって対応しますのでご安心ください。
一緒に問題を解決していきましょう。
みなさまの当社のご利用を心よりお待ちしております。