名古屋で不動産の売却を考えている方へ、競売とは何か解説!

名古屋で不動産の売却を考えている方へ、競売とは何か解説!

「名古屋で不動産の売却を考えているが、競売についてあまりわからない」
「不動産の売却で、競売とは何か詳しく知りたい!」
このようなことを考えている人はいませんか。
競売とは何か知っておきたい方もいるでしょう。
そこで今回は、名古屋で不動産の売却を考えている方のための、競売とは何かについて解説します。

 

□不動産の競売って何?
不動産を売却したい方のために、競売について解説します。

*競売とは
競売とは、法律にもとづき、差し押さえの不動産を、裁判所が売ることによって、お金に換えることです。
競売の不動産は、住宅ローンが払えなくなった債務者が担保として、差し押さえられています。
競売は、裁判所が定期的に行います。

*一般的な不動産と違うの?
一般的な住宅では、もし不具合や補修箇所があれば、費用を負担してくれる場合があります。
しかし、競売の不動産は、すべて自費で負担する必要があるため注意が必要です。
また、さまざまな理由から、購入ができなくなった場合は、手数料が返ってこないので注意が必要です。

*いつ競売はしているの?
競売をいつやっているのかは決まっていないです。
ローンなどの滞納の始まりから、約半年以内にすることが多いです。

 

□競売ってどんな特徴があるの?
不動産の競売はどのような特徴があるのかを解説します。

*相場より安くなる
競売は、相場で不動産を買うより安くなります。
相場に比べて、約70%の金額になります。
そのため、競売に出して借金を回収しても、相場よりも安い費用しか回収できないので注意が必要です。

*プライバシーが知られる
競売にかけられた不動産は、情報を集めるために不動産会社の方が来ます。
そのため、近所に情報が漏れやすいです。
また、競売の物件を宣伝するためにチラシを入れることもあります。

*どうやって競売は決まるの?
競売は、競売開始決定通知という手紙が送られてきます。
この手紙が送られてきたら、競売にかけられるので、すぐに弁護士に相談するのがいいでしょう。
任意売却に持ち込めることができると、ある程度高い費用で売却ができるのでおすすめです。

 

□まとめ
今回は、名古屋で不動産の売却を考えている方のための、競売とは何かについて解説しました。
競売は、不動産を差し押さえる最終手段です。
競売だと、売却価格が安くなってしまうので、任意売却をおすすめします。
名古屋で不動産売却について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。