名古屋で不動産売却する人必見!確定申告の必要書類を紹介!

名古屋で不動産売却する人必見!確定申告の必要書類を紹介!

「不動産の売却をしたいけど確定申告には何を用意すればいいの?」
「不動産売却の確定申告に必要な書類を知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
不動産を売却して利益が出ると、確定申告が必要になります。
しかし、必要書類は知らないという方も意外と多い気がします。
そこで、今回は不動産売却の確定申告をする際の必要書類を紹介します。
 

□必要書類

以下の必要書類を用意して、2月15日から3月15日までに提出しなければなりません。

*確定申告書B様式

税務署か国税庁のWEBサイトから手に入れられます。
B様式というのは、個人事業主やその他幅広い人が対象者です。
ちなみに、A様式は給与取得者用です。

*分離課税用の申告書

こちらも税務署か国税庁のWEBサイトで手に入れられます。
給料などの取得と、不動産のような分離課税をそれぞれ計算して、納税額を決めるための用紙です。
確定申告書B様式を先に書いておくと、こちらもスムーズに書けるでしょう。

*譲渡所得の内訳書

こちらも税務署か国税庁のWEBサイトで手に入ります。
売却した不動産の土地面積や売却金額といった必要事項を記入します。

*購入時や売却時の契約書

あらかじめ自分で用意する必要があります。
必須の書類ではないですが、用意していないと税務署から連絡が来る場合もあるので、提出しておくのがおすすめです。

*登記簿謄本

不動産のある地域の法務局で手に入れられます。
法務局で申請書を記入して、登記簿謄本を手に入れておくと良いです。
発行には1通あたり600円掛かります。

*仲介手数料の領収書

仲介手数料やその他の費用のコピーをあらかじめ用意しておくと良いです。
 

□インターネットで確定申告

現在では、インターネットで自宅からでも確定申告できます。
この場合は、紙の書類を用意しなくても、オンライン上で書類に記入できます。
記入が完了したら、税務署にオンラインで送信します。
 

□まとめ

以上、不動産売却の確定申告をする際の必要書類を紹介しました。
確定申告をあまりした経験がない人にとっては、書類の書き方や必要書類がわからないこともあるでしょう。
その場合は、事前に税務署に問い合わせてみると良いです。
確定申告の期限が近づくと、問い合わせにも時間が掛かってしまうので、できるだけ早めに済ませることをおすすめします。
当社では、名古屋エリアを中心にお客様の不動産取引をサポートしています。
何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。