津島市の専門家が不動産売却にかかる税金の計算方法について解説!

津島市の専門家が不動産売却にかかる税金の計算方法について解説!

「不動産売却するときにかかる税金の計算方法について知りたい」
「計算方法の内訳を見てみたい」
このように、不動産売却を考えている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、不動産売却にかかる税金の計算方法について知らないですよね。
そこで今回は、津島市の専門家が不動産売却にかかる税金の計算方法について詳しく解説します。

□譲渡税とは

マンションやアパート、駐車場といった不動産を売却する際に利益が出ると思います。
その利益に対して、一定率の税額に乗じた金額に税金がのしかかってきます。
この税金を譲渡税と呼びます。
譲渡税には、取得税と住民税があります。
一方で、購入金額より売却金額が低い場合は、税金が一切かかりません。
なぜなら、利益が発生しないからです。
また、税金を計算する上で建物は経年劣化するので、減価していく方法があります。
つまり、数十年前に購入したものは、日数が経過していくごとに価値が減少していきます。
この考え方を「減価償却」と言います。
以上より、購入金額を計算する場合は、「減価償却」を考慮する必要があります。

□譲渡税の計算方法

まず、譲渡所得を計算しましょう。
譲渡所得は、「譲渡所得=収入金額−(取得費+譲渡費用)」で計算できます。
以下では、それぞれの計算方法をご紹介します。

*収入金額

収入金額は、手付金と残金といった形で2回に分けて受領が可能です。
ここで忘れることが多いのが「固定資産税の精算金」です。
不動産に関わる固定資産税の場合は、その不動産を元旦の時点で所有している人に請求されます。
そのため、払い過ぎている固定資産税を売買金額とは別に受け取る必要があります。
これを「固定資産税の精算金」と呼びます。

*取得費

取得費には、「購入代金」「仲介手数料」「契約書印紙代」「登録免許税」「不動産取得税」といったものが該当します。
ただし、不動産には土地と建物部分があるので、どちらに該当するかで計算方法が異なります。
建物部分の場合は、「取得費=購入代金-減価償却費」です。

*譲渡費用

譲渡費用とは、不動産売却にかかった費用のことを言います。
該当するものとしては、「売却の際の仲介手数料」「売買契約書に貼り付ける印紙税」「建物の取り壊し費用」といったものが該当します。

□まとめ

今回は、津島市の専門家が不動産売却にかかる税金の計算方法について解説しました。
この記事を参照にして、不動産売却の税金をスムーズに計算しましょう。
当社では、不動産売却に関するご相談を随時受け付けています。
専門家がお客様のお悩みを真摯にお伺いし、全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当社まで気軽にお電話でお問い合わせください。