不動産を売却できない場合の対処法を名古屋の不動産専門会社が解説!

不動産を売却できない場合の対処法を名古屋の不動産専門会社が解説!

皆さん、不動産の売却を検討の際
「不動産を売却できないことはあるのか。」
「売却できない際にどう対処すべきなのか。」
と考えたことはありませんか。
しかし、不動産の売却がうまくいかない場合にどう対処すべきなのか知らない方が多いですよね。
そこで今回は、不動産の売却がうまくいかない場合の対処法について解説します。

□不動産が売却できない主な理由

*売り始めの価格が高い

不動産を売却するうえで最も重要なことが、売り始めの価格を決めることです。
その土地での適正価格やマーケットのバランスなどを把握し、適切な価格で販売を行っている場合は短期間で成約に至る可能性が高いです。
しかし、長期間の販売をしているにも関わらず成約できていない場合は、適正価格で販売できていないのかもしれません。
したがって、改めてその土地での適正価格を確認する必要があるでしょう。

*販売戦略が正しくない

不動産を販売する際、売り始めの価格を考えることも必要ですが、販売戦略を考えることもとても重要です。
また、販売戦略を考えるのは売主本人ではないため、業者がどのような戦略をとるかにより売れ行き大きく変わります。
そのため、長期間の販売をしているにも関わらず成約に至っていない場合は契約内容を見直してみるとよいでしょう。

*契約形態が悪い

不動産を販売する際は、業者との契約形態がとても重要です。
契約形態によってはうまく販売が出来ないこともあるため注意をしましょう。
そのため、契約を結ぶ前にしっかりと契約形態を確認することが必要です。

□不動産を売れやすくするための対処法

*売り始めの価格を下げる

販売価格を多少低くしてでも売りたい場合は売り出し価格の調節をしましょう。
売り始めの価格を調節する場合の目安は20%程度であるため、価格を調節する場合はその範囲内に収めましょう。

*契約方法を変える

不動産業者と契約を結んだ後、実際に販売を始めるとうまく売れないことがよくあります。
そのため、この契約をすることで販売できると自信が持てない場合は一般媒介での契約を行いましょう。
一般媒介での契約を結ぶことで、複数の不動産業者に販売をしてもらえるためおすすめです。

□まとめ

今回は不動産が売却できない場合とその対策について解説しました。
この記事を参考に、長久手市にお住いの方は、不動産の売却を検討してみてはいかがでしょうか。
当社では、不動産に関するご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問合せ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。