不動産の売却をお考えの方へ|売却の流れについて解説します!

不動産の売却をお考えの方へ|売却の流れについて解説します!

「不動産の売却を考えているけど、売却の手順がわからない」
「不動産の売却の流れについて知りたい」
このように感じている方はいらっしゃいませんか。
不動産の売却は人生で何度も経験することではありません。
そのため、分からないことも多いですよね。
そこで、今回は不動産の売却の流れについてご紹介します。

☐不動産を売りに出すまでの流れ

まずは、不動産の売却価格の相場を調べましょう。
その際、国土交通省が公表している地価表示や不動産価格指数などを参考にすると良いでしょう。
ぜひ一度見てみてください。
次に、必要な書類を集めます。
不動産を売却する際には様々な書類が必要です。
ここで、マンションと一戸建てでは必要な書類が異なるため注意しましょう。
書類が集まったら、次は不動産会社を探します。
一括査定を行い、査定価格の高い会社を選ぶと良いでしょう。
依頼する会社が決まったら媒介契約を結びます。
そして売り出し価格を決めます。
売却する際は購入希望者が価格交渉をしてくる場合が多いため、値下げ交渉分を考慮して売り出し価格を決めましょう。

☐不動産の売買契約を結ぶまでの流れ

売り出し価格を決めたら、実際に販売活動を行います。
具体的には、チラシへ広告掲載してもらったり、ポータルサイトに載せてもらったりします。
ここで、購入希望者への内覧対応を自分でしなくてはいけない場合があります。
その場合には、不動産に関する情報を全て適切に伝えるようにしましょう。
なぜなら、必要な情報を説明しておかないと後から契約解除や損害賠償請求をされるというトラブルが発生する恐れがあるからです。
そして、購入希望者が気に入ってくれたら交渉を始めます。
上でも少し述べましたが、不動産を売却する際には購入希望者と価格交渉になる場合がほとんどです。
もちろん、あまりにも大幅な値下げを要求された場合には断っても構いません。
一方で、値下げ交渉に応じなさ過ぎると不動産が売れ残ってしまいかねません。
不動産の適正価格を把握した上で、どこまでなら値下げできるか考えましょう。
そして、お互いに交渉に納得したら売買契約を結びます。
最終的な売却代金の受け取りは売主と買主、不動産業者、司法書士の立ち合いの上で行われます。

☐まとめ

今回は不動産の売却の流れについてご紹介しました。
どのような流れで不動産を売却するのかイメージしていただけましたでしょうか。
ぜひこの記事を参考に不動産を売却してみてくださいね。
また、何か分からないことがありましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。