不動産売却の進め方の極意を名古屋の不動産会社が解説

不動産売却の進め方の極意を名古屋の不動産会社が解説

皆さんは、不動産売却を検討の際に
「どのような手順で売却したらよいのだろうか。」
「不動産売却はどうすべきか。」
と考えたことはありませんか。
しかし、不動産売却の方法や流れについて詳しく知らない方が多いですよね。
そこで今回は、不動産売却の方法や流れについて詳しく解説します。

□売却方法の種類

*任意売却

任意売却とは、住宅ローンを払えなくなった場合に行われる競売によらない売却方法のことです。
また、住宅ローンが残ってしまうことから債権者が売却する金額を決められません。
そのため、不動産所有者が自由に売却の流れを決められないことが特徴です。

*通常売却

通常売却とは、住宅の買い替えや相続、転勤などのライフステージの変化により、所有者の意思で不動産を売却する方法のことです。
通常売却の際は、不動産会社に仲介を依頼します。
また、その際に売却価格や売却できる時期を自由に設定することも可能です。

□不動産売却の流れ

*業者の査定を受ける

不動産を売却する際は、業者に仲介をしてもらう必要があります。
不動産業者の仲介とは、購入者探しから、売却契約、決済までを担当することです。
この際に、売却実績が豊富であることや販売する際の計画がしっかりしているかを重視して選びましょう。

*不動産業者に売却を依頼する

不動産業者の査定を受け、売却を依頼する業者を決定した後は媒介契約を結びます。

*価格を決めて売り始める

売りだし価格は売主に決定権がありますが、業者としっかりと相談をして決めましょう。
不動産の売買では、購入希望者から値下げ交渉をされる場合が多いため、あらかじめ値下げ交渉分を上乗せすることがおすすめです。

*購入希望者が見学に来る

この際、不動産会社が案内してくれるため、立ち合いは不要です。
しかし、不動産の整理は業者が担当するわけではないため、売主自らやる必要があります。
きちんと整理をしておくが売却するための近道であるため、しっかりと行いましょう。

*売却金を受け取り、不動産を引き渡す

売買契約書で、取り決めた日に、不動産に対しての手数料を除いた金額を受けとり、土地を渡します。
また、この時に所有権も買主に移行する手続きもします。

*売却の翌年に確定申告をする

売却益が発生した場合には、確定申告が必要です。
また、不動産の売却で利益が発生した場合、通常、税金の優遇制度はないことにも留意しましょう。

□まとめ

今回は不動産売却の手順と流れについて解説しました。
この記事を参考に、長久手市にお住まいの方は、不動産の売却を検討してみてはいかがでしょうか。
当社では不動産の売却についてのご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしています。